【読書感想】これならわかる新地方公会計 藤井邦明 ★★★☆☆

読書感想の2冊目はこれ。

先日、講義で「公会計」を扱ったので、復習がてらに読んでみました。

f:id:taka107nori:20180912115944j:image

分かりやすさという点ではまずまずでしょうか。

目次や索引もありわかりやすいです。

企業会計の理論の部分は、初学者には厳しいのでは…

簿記の知識のない方には難しい内容かもしれません。

逆に簿記の知識なくても読めたという方は、相当の理解力がある方かと。

 

 

率直に、「公務員、大丈夫か…」という感想です。

 

 

複式簿記のない世界で、議員や職員のモラル任せで頑張っているようですが、

制度疲労はかなり進んでいます。

その最大の失敗例が夕張の破たんという印象です。

詳細は後述しますが、逆にビジネスチャンスというか、頑張る自治体とがんばれない自治体で差が明白になっていくんだろうなと感じました。

 

 

 

まずは、著者の藤井邦明さんの紹介から。

昭和28年生まれの65歳で、現在は会計士として福井で会計事務所を開いているようです。

神戸大学経営学部を卒業後、福井県立大学経営学研究科に進まれたようです。

得意領域は、中小企業や公会計のようで、これ以外にも本を出版されています。

 

大手の監査法人には在籍されなかったのでしょうか。

なんにせよ、地方でも活躍なさっているというのは励みになります。

 

では、内容に入ります。

 

執筆当初の2009年、地方公会計改革が起こりました。

新制度が必要となった経緯はざっくり以下の通りです。

 

①現状:地方公共団体の財政逼迫

②不安:住民サービスの劣化、財政破たん

③原因:時代遅れの予算・決算制度

④改善策:新制度の導入

 

①、②は一般的な話なので割愛。

以下、③、④について解説します。

 

③時代遅れの予算・決算制度

ここが要点になります。

従来の制度は、単式簿記・現金主義によっており、大きく以下3点の問題がありました。

⑴財政の全体像が分かりにくい

⑵将来の計算ができない

⑶フルコストの情報が得られない

 

これだけでも問題なのですが、さらに具体的な問題としては、

自治体間の比較がしづらい

・借金しても収入として認識される

・退職者が大量発生すると財政状態が悪化したように見える

などがあります。

 

こういった自治体運営に必要不可欠にも思える情報が開示されてきませんでした。

借金は将来の世代に任され、退職者への準備もまちまちで、その状況を説明する必要はありませんでした。

もちろん、こういった情報の直接的な開示がなくとも、

従来のデータから算出することなどは可能です。

 

情報開示しなくていいから対策しなくていいや、という考えや

そもそも対策の必要性を知らないといったこともありそうです。

対策は各自治体の議員や職員のモラルに任されていたのです。

 

④改善策:新制度の導入

そのような状況に対応するために、新制度である複式簿記の導入が決まりました。

ちなみに、1960年代から議論されていたようです(50年の時を経てやっと導入されました)。

 

2018年現在では、導入に当たり、全自治体で統一的な基準が公表されています。

上記の3つの問題点は解決に向かっています。

しかし、自治体によって進度はまちまちです。

東京都町田市のような先進的な自治体では、情報の整備にとどまらず

活用した市政が行われています。

 

 

まとめになりますが、

人口減少が進行し、税収の減少が確実な情勢の中

日本の地方は確実に衰退していくでしょう。

地方からの人口流入で、低い出生率をカバーしている首都圏の自治体も間接的に影響を受けていくはずです。

細りゆく財源を有効活用するためには、データが整備されていることは最低限の条件であるように思います。

住民の政治参加もこれからの自治体には必須だと思います。

その土壌の有無がこれからの自治体の淘汰の分岐点になっていくかもしれません。

 

終わり

 

 

 

 

【読書感想】白いしるし 西加奈子 ★★★☆☆

読書感想書いてみようと思います。

f:id:taka107nori:20180912103704j:image

きっかけとしては友人が編集している雑誌にて

西加奈子特集をやってたことが大きいです。

その特集が面白かったので、

乗っかって西さん読み進めてみようと思いました!

 

特集の中でオードリー若林が言っていた「西加奈子は”途中の人”を笑わない。」という西加奈子評が響きました。

 

サラバ!!」に続き、西加奈子さん2冊目は「白いしるし」。

サラバ!!」を読んだときはとても感動しましたね。

 

私の好きな作家「瀬尾まいこ」さんとも優しさという共通項はありつつ、

簡単に救いを与えなかったり、正解を示さず、読者に委ねる点は

特徴的なのでは感じました。

 

そして本作「白いしるし」も若ちゃんの評する通り「途中の人を笑わない」内容でした。

 

ざっくりとあらすじを紹介すると、

 主人公「夏目」は32歳の独身女性。職業である画家としての才能はそこそこあるよう。しかし、伸び悩みも感じているようで、アルバイトと両立しなければ食べていけないというような状況。

 夏目は異性の親友「瀬田」を通して、運命の人である画家「まじま」と出会ってしまう。「まじま」の描く絵に衝撃を受け、その後も近づくにつれどんどん「まじま」に惹かれていく夏目。しかし、「まじま」には大事な恋人がいる。

 決して夏目だけのものにならない「まじま」。触れるたび、募る思いに痛みは増すばかり。夏目はどのように変わっていくのか。

といったストーリーです。

 

最も響いた箇所を引用します。

主人公「夏目」とその友人「瀬田」に恋する画廊オーナー「塚本美登里」の対話の場面です。

瀬田を独り占めしたい塚本は、瀬田を通じて持ち込まれる女性アーティストの作品に対し、嫉妬心を抱いてしまいます。

 

「わかります、それは。でも、私の店に持ち込まれる作品に関して、私のエゴで良し悪しを決めてしまうことに、恐怖を感じるんです。大袈裟だけど、その絵や作品の将来を決めてしまうことに、羞恥を覚えます。」

「でも、それはあなたが最初に決めたことやねんから、それでいいと思うんです。お店を開くときに、自分の好きなものだけ選ぼうって、決めたんでしょう。あなたはただ、何かを選んで、何かを選ばなかったことに、自分で責任を負わなければいけない。自分が、決めたんやって、それが自分の意見なんやって、揺るがず、思ってんとあかん。それだけを、強く持っていればいいと思うんです。」

「でも、恋愛をそこに持ち込むなんて、あまりにもエゴが。」

「描くことかって、究極のエゴです。筆を置く瞬間は、見てほしい、という願望からさえも離れているんです。ただ描きたい、と思って、描くんです。失恋の痛手を武器に、描くことだってあるし、嫉妬を糧にして描くことだってあります。ほとんど吐き出すときもある、本当に、一方的な作業なんです。でも、それが、作品として完成して、人の目に触れたときに、見る人のエゴによって、こちらのエゴを相殺してくれたりする。塚本さんのエゴは、必要なんです。それに、あなたは、それをエゴだと、きちんと言っているからいいと思うんです。自分のエゴにおいて、私はこの作品を好き、私はこの作品を嫌い、て。エゴなんて微塵もないふり、これは一般的な意見なんだ、という顔をして、作品を批評する人より、全然立派やと思うんです。」

 

画廊のオーナーとして、 客観的であらねば、客観的であろうとする塚本。

しかし、醜い恋心が邪魔をする。

そんな塚本の心情も夏目は肯定します。

自分の心、覚悟に従って、責任を持って行動すべき。

恥ずべきことは何もないと夏目は言います。

 

世界には「誰かのため」があふれていますが、

「自分のため」は恥ずべきことではない。

むしろその醜さを自覚しているからこそ立派だ、と。

 

この場面は物語の終盤なのですが、

最初から夏目はこう物事をとらえていたわけではないでしょう。

まじまと出会い、考え、傷つき、この考えに至ります。

まじまの人物像につき、夏目はこのように捉えています。

 

彼は、年齢に似合わない諦観のようなものを持っている気がした。それはほとんど老人のようだった。そして、物事の何もかもにおいて、自分を最も底辺に据えてから、考え始めるようなところがあった。自分が微塵も有用でない人間であるということを根底において、生きていた。彼がどうして、自分をそこまで軽んじるのかはわからなかったが、だからこそ、彼は小さなことをとても喜んだ。綺麗なものを見ると、それを慈しみ、咀嚼し、その感動に、飽きることがなかった。

 ある意味では、素敵な、綺麗な、生き方だなと感じます。

まぁ自分には程遠いので、こんな人が実在するのか疑問ではありますが…

根底は天才ファミリーカンパニー(二ノ宮知子)の「田中春」みたいだなぁと感じました。(キャラは全然違いますが。)

 

そんなまじまに、夏目は恋をします。

その後の夏目に関して、解説で栗田有起さんはこう評しています。

 

彼と、彼の描く絵に出会った彼女は、衝撃を受けた自分を瞬時に認め、飲み込もうと七転八倒をくりひろげた。みずからの根幹を揺さぶられるような経験をしたとき、向き合う勇気や気力に乏しいがために、そこから目をそらす選択肢もあったはずだ。いろんなことに忙しい大人には珍しくない、一種の処世術である。

 けれど、彼女の本能からくる正直さは、そんな怠惰を許さなかった。

 苦しみ、たたかい、無我夢中で咀嚼するうちに、彼女はみずからの「言葉」を持つに至る。

 

 賢い生き方ができない、不器用が過ぎる夏目ですが、無我夢中で、全力で立ち向かうからこそ

人生で大切なものを見つけるに至ります。

 

サラバ!!」でも主人公の姉、圷貴子は壮絶な道のりを経て、自分の生き方を見つけます。

しかし、一度見つけたからと言って、それは不変のものではありません。

変わっていくこともありなんです。

 

西さんの小説では、一般社会の正解を得ることが難しくなった人も描かれているようです。

しかし、だからこそ様々な生き方が肯定されている気がします。

 

自分の生き方は、与えられるものではない、自ら探し求めるもの。

見つかったと思っても、変わっていくもの。

動いて、考えて、自信をつけて、また傷ついて…そしてなにかが見つかる。

人生はそんなだから、道の途中でも恥ずかしがらなくていい。

そんな風に感じ取りました。

 

 いい本でした。

 

好きな映画 ララランドについて

間違いなく、この映画に触発されて

今の自分がある。

 

賛否の分かれるラストのエピローグ。

自分は絶対にああはなりたくない。

セブとミアみたいになりたくない。

 

主人公のキャラには好感できないけれど

ララランドは大好きな映画。

 

ミアのオーディションの後

グリニッジ天文台

セブはあそこで手放さなければ

エピローグのような幸せな時間を過ごせていたのかもしれない。

 

けれど、チャゼル監督に描かれたセブの現実は違う。

夢は叶えたけれど

隣にミアはいない。

 

セブの中でミアは清い思い出の人であり、

空想上の人になりかけている。

 

片やミアの方は

セブとの思い出の地であるLAで、

セブに記憶が結びついてもおかしくないような

バーに何の気なしに入っていくくらい、

もはやセブのことなど記憶の片隅に追いやられているというのに。

 

現実のものになったかもしれない可能性を

「あの頃は夢を見ていたなぁ。」

なんて清められた追憶の中だけの存在にするなんて。

 

別にそれぞれの現実があるのに

それ以上に幸せな自分を描きながら

生活するなんて。

 

それを後悔ではなく

清らかなものにして正当化するなんて。

 

結果的にそうなってしまうとしても

可能性があるのなら

自分はもがく。

 

自分はセブにはなりたくない。

 

けど、大人になるってそういうことなんだろうな。

 

そう強く思った映画でした。

嬉しい贈り物

今日は体調崩していたところ

 

研究室に後輩が訪れて

 

f:id:taka107nori:20180617184115j:image

いただきました。

 

こんな高価なものを…。

本当にありがたいです。

カツジンは精力増強らしいけど 笑

 

早く回復して勉強がんばりたいです。

企業法 (機関・資金調達・社債)

企業法の論点を整理しようと思う。

 

今日で一通り目を通そう。

 

【機関】

1.会計参与

2.監査役の非設置と株主の監督権限の強化

3.取締役と監査役に対する会社法の規制の比較

4.指名委員会設置会社とそれ以外の会社の比較

5.利益相反取引における会社の承認の要否・取締役の責任

6.取締役の会社に対する責任とその免除

7.会社の取締役に対する金銭の貸し付けと当該取締役への責任追及

8.代表取締役の独断行為と取締役・監査役の第三者に対する損害賠償責任

9.表見的取締役・退任取締役と429条1項の責任

10.法人格否認の法理

11.取締役の不正行為に対する株主の対抗手段

12.株主の権利行使の濫用

13.株主の監督是正権

 

16.監査役による監査の特色

17.監査役の独立性

18.監査役会監査役の権限関係

19.指名委員会等設置会社

20.監査等委員会設置会社

21.親子会社

 

【資金調達】

1.募集株式の発行等と既存株主の利益を保護する制度

2.募集株式発行差止請求権

3.防衛的募集株式の発行に対する既存株主の対抗手段

4.新株発行無効の訴えの無効原因

5.設立時の株式発行と成立後の資金調達目的の株式発行の比較

6.株式と社債の異同・接近化

 

10.新株発行差止原因

11.新株発行無効原因

12.新株発行無効原因

13.株式と社債の異同

企業法 論文

企業法の対策を始めようと思うので、まずは全体像の把握。

多い…。

 

【設立】

1.未払い設立費用債務の帰属

2.見せ金

【株式】

3.株主平等原則

4.株式譲渡自由の原則

5.契約による譲渡制限

6.自己株式取得規制

7.子会社による親会社株式の取得

8.株主名簿の名義書き換え未了株主の地位

9.株式併合と株式分割

【機関】

10.株式の相互保有

11.利益供与

12.取締役の競業避止義務

13.取締役の利益相反取引

14.取締役の報酬

15.取締役の対会社責任

16.取締役の第3者責任

17.代表取締役の権限濫用

18.代表取締役の専断的行為(1)

19.代表取締役の専断的行為(2)

20.監査役による監査の特色

21.監査役の独立性

22.監査役会監査役の権限関係

23.指名委員会等設置会社

24.監査等委員会設置会社

25.親子会社

【資金調達】

26.新株発行差し止め原因

27.新株発行無効原因(1)

28.新株発行無効原因(2)

29.株式と社債の異同

【その他】

30.資本金、準備金、剰余金

31.剰余配当金

32.組織再編行為(1)

33.同(2)

34.同(3)

35.株式会社と持分会社の比較

 

多いけど、一週間で回せるだろう。

 

 

 

 

 

短答の振り返り

H30Ⅱ短答試験終わりました。

 

満を持して望んだ今回でしたが、結果は64%で振り落とされ気味のonボーダー。

微妙な心持で発表の6/22を待つ現在です。

 

企業法:70

管理会計:69

監査論:50

財務会計:132

計 321/500 (64%)

 

【監査論】

前回12月に浮き彫りになった財務・管理の弱さはかなり克服したのですが…

まさかの監査で大失点。

 

センター国語でも受けている気分でしたw

正直、過去問・答練・問題集はけっこうやりこみました。

間違いなく企業よりはやってます。

勉強量は問題なかったと思うので、学習方法がかなり悪かったのでしょう。

 

とはいえ、改善策がなかなか思いつきせん…

問題との相性次第では高得点取れる科目なのでどこまでやるべきか。

そして、要点を理解したところで、短答で聞かれるのは「えっ、そんなとこ聞く?!」ってところなんですよね。

 

とりあえず、12月に向けて監査は抜本的に考え直さなければです。

 

【企業】

一番好きです。

の割に点数よくないですがw

 

ここは楽しんで学習進めていきたいと思います。

 

【管理】

正直一番学習が進んでいないです。

解けるけどわかっていない。

確実に論文で苦労するなぁと。

監査に続いて運用されている現場がイメージできないのが苦手意識につながっている気がします。

 

租税にかまけて放置していましたが、そろそろ渡ikb先生の神講義にしっかりくらいついていきたいと思います。

 

【財務】

得意分野、不得意分野がはっきり分かれています。

あとはやるだけ。

それだけな科目ですね。

特に連結・組織再編・CF計算書。

 

こちらもwtnb先生の神講義を理解していきたいです。

 

…と、短答科目ばかりあげましたが、今回合格していればいいなぁ。

 

まずは経営学頑張りますw